京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 生活環境科学科目群
京都府立大学 生命環境学部 環境デザイン学科

身近な生活用具やインテリアから景観や緑,地域生活環境の計画まで,社会のニーズに対応したデザインを提案することを目的とした「生活デザイン・ランドスケープコース」。家具メーカーや造園,各種研究所など,多様な進路!

インテリア計画学・色彩学(2~3回生)

インテリアは多様な構成要素が相互に関係しあった集合体であり、空間内での居心地を目的としたシステムです。インテリア計画学では、インテリアの変遷、室内構成要素、仕上げと構法、造形やテクスチヤの心理、素材、色彩、照明について学び、その中で生活する人間の側に立ってデザインする能力を養います。
中でも色彩はデザインの主要3要素〈形、テクスチャ、色)の一つに数えられる重要なデザイン要素であり、デザインに活用するにはその本質を理解しておく必要があります。色彩学では、色彩の心理・生理・物理的な側面、色彩デザインの基礎的知識、実践的な色彩デザインの実例や方法を学びます。

学生の声
色彩学の授業は、200枚近くある色票を切って自由にあるいはPCCS体系に配列したり、JIS標準色票や色彩計による視感・器械測色を行ったり、イメージにふさわしい色彩選択を行う演習があり、実感として色の有用性や多様性が学べました。

プロダクトデザイン(3回生)

知識やノウハウの修得だけではなく、問題解決型のデザイン力の向上に向けて、思考力、表現力、創造力を共に養成するためのデザイン演習を実施しています。
例えば、おにぎりのデザインとビジネスモデル開発等を考える「おにぎりのシステムデザイン」、家庭内の健康、家事支援、コミュニケーション、自己充足などを促進するプロダクトデザイン提案「ホーム満足プロジェクト」、「ペルソナ(仮想ユーザー)」を設定し、そのユーザーの生活シナリオを想定、それに適合した生活用具をデザインする「User-Centered Design」などです。照明器具、パッケージデザイン、プロダクトデザインなどの国内外のコンペを課題に取り込んだ演習も実施しています。

学生の声
問題解決型のデザイン力の向上に向けて、例えば、家庭内の健康、家事支援、コミュニケーション、自己充足などを促進するためのプロダクトデザイン提案、「ペルソナ(仮想ユーザー)」を設定し、それに適合した生活用具をデザインする「User-Centered Design」、さらには、照明器具などの国内・国際コンペを課題に取り込んだデザイン提案にも挑戦しています。また、海外のプロダクトデザイナーを招待して講演会も行っています。

環境デザイン実習(各学年)

プロダクトやインテリアのデザイン、また庭園の設計やランドスケープとしての空間デザインとこれらに関連する多様なフィールドワークで構成されています。
このうち、緑地や生態系等を対象とするランドスケープ系の実習では、人工的な構築環境と緑等の自然環境要素の両方を対象に、それらを様々な角度から捉える能力やデザインの基礎力を養うことを重視しています。
多くの物を見て、学んで、視野を広げるためのプログラムを用意しています。たとえば、地形図を読み取る力や、対象空間の特性を把握し、デザインに活かしていくための力を身につけるため、平面地図から立体の地形模型を製作して空間感覚を磨きます。また、大学に隣接する府立植物園や鴨川など豊かな地域資源を活用したフィールドワークを行い、観察調査等を通じて得られた知見をデザインに反映させる方法等を学びます。自然環境との共生をすすめる空間デザインに関心をもっている方にぜひとも受講してほしい科目です。

学生の声
ランドスケープの基礎として、地図から地形を読み取り、模型にしてそのイメージをつかみ、課題のデザインを考えます。
また、実際にフィールドでの演習もあり、その地区の生態系や空間を学んでいます。特に、隣接している植物園や鴨川での演習は、京都府立大ならではの演習だと思います。

topへ戻る

クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します
生活デザイン・ランドスケープコース 紹介ページへ クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します
住環境・建築コース 紹介ページへ クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します ※3印の環境デザイン実習ⅣBとⅤBの4単位および※1印の科目2単位以上、※2印の科目2単位以上、※4印の科目4単位以上、※5印の科目2単位以上、※6印の科目4単位以上、※7印の科目4単位以上、※8印の科目8単位以上を取得しなければならない。

topへ戻る

主な職種

  • 食品・品質管理技術者
  • フードコーディネータ
  • CADオペレータ
  • インテリアコーディネータ
  • インテリアプランナー
  • インテリアデザイナー
  • 服飾デザイナー
  • Webデザイナー
  • 映像クリエイター
  • DTPオペレータ
  • 中学・高校教諭
  • ランドスケープアーキテクト

主な就職先

  • (株)柏木工
  • INAX
  • 大塚家具
  • コイズミ照明
  • TOTO
  • 松下電工
  • 関西電力
  • コクヨ
  • ヤマギワ照明
  • 京都府、大阪府等の官公庁(造園・林業分野等)

主な進学先 (各大学の大学院)

  • 京都府立大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 神戸大学
  • 東北大学
  • 京都工芸繊維大学
  • 金沢大学
  • 筑波大学
  • 東京大学
  • 名古屋市立大学
  • 横浜国立大学
  • 留学など
  • 一級・二級建築士
  • 建築設備士
  • 中学・高校教諭 など
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー など

※本学科で用意された認定科目を習得した上で卒業すると、修得単位数に応じて、卒業後直ちに二級建築士の受験資格が、また2年間の実務経験を経た後に一級建築士の受験資格が、それぞれ得られます。また、必要な単位を習得し卒業後2年間の実務経験を積むとインテリアプランナーの登録資格を取得できます。

topへ戻る

地域貢献型特別支援(ACTR)「植物園の有する公益的機能の多面的評価」

京都府立植物園と本学の共同で進めた研究調査プロジェクトです。公益的な機能を有する府立植物園の基本的な事実調査を進め、植物園にてシンポジウム「京都府立植物園の多様な役割をさぐる-京都府立大学と京都府立植物園との共同研究の成果から-」も開催しています。

福井 亘 Labolatory.

topへ戻る

topへ戻る